Spanish Teaching, Our blog for teachers and students of Spanish

Home Page » Post

« Next Article: Subtitles for learning languages
» Previous Article: My First Christmas in Spain

Wednesday, November 30, 2005 (read 895 times)
 

The story of Yasue in Spain

by Paqui

I can say that "my hobby is to learn foreign languages". It was then, natural for me to travel abroad to practice my English or Spanish during my life at University.

Discovering Spain was specially exciting. Spain is a country in where you can enjoy the culture, food, arts, architecture, so many more things! And the more you go, the more you feel like staying there forever. In my case, I went to Salamanca for one month during the summer and I decided to stay and live in Spain for as long as I could.

I went to several different language schools in Salamanca, so that I could compare which one was the best and which one suited me best. don Quijote has a good reputation, I heard that it was the biggest Spanish organization and it was very well known. I can assure you that the reputation is just right. All don Quijote teachers and staff are friendly and professional. I really improved my Spanish with them, besides the school also provides good accommodation and other services, it is good to have a little extra help when you are alone in a foreign country.

To tell the truth, at first, I was worried about whether there would be too many Japanese students ,but it wasn't like that, although the school is big, students come from very different countries and there are students of all ages (only not under 18). So I made lots of good friends from Europe, USA etc. The atmosphere at school was really warm and comfortable.

After one year in Japan, I went to Salamanca again to try to find a chance to work in Spain. A friend of mine told me that somewhere they were looking for Japanese who could speak Spanish and English. Immediately, I went to have a job interview with them and it was then when I found out that it was for don Quijote! I think it was destiny! so I started working as a Course Counsellor at don Quijote.

In the promotion office where I worked, there were people from 17 different nationalities and I was the only Asian. My job wasto help students who contact don Quijote for information about the courses, especially Japanese who where thinking about travelling to Spain, I answered their questions, prepared price quotes for the courses, advised them about the trip and the stay, and helped them with the booking.

Working in such a young and international team was a great experience, I get on really well with my colleagues and we often went out for a drink and tapas after work. My Spanish improved even more than before. I had a wonderful time working in don Quijote for 3 and half years! it was a great opportunity.

If you want to be fluent in a language, I think that the most important thing is to keep on studying and practicing as much as you can everyday. Living in a foreign country is by far the best way to learn a language and also its culture!

スペインでの留学生活を振り返って

自分の趣味は何かと聞かれると、今でも真っ先に「外国語をマスターすること」が頭に浮かびます。大学の時に英語とスペイン語を勉強する為に留学したのも、自分が好きなこと、やりたいことだったからでした。

特にスペインでの生活はとてもエキサイティングなものでした。スペインでは、その文化、食べ物、アート、建築など、楽しめることがいくらでもあり、長く滞在すればするほど離れがたくなるのも納得がいきます。私の場合、一ヶ月サラマンカで過ごした夏が忘れられず、再びスペインに戻って来て、スペイン語を勉強しようと決心しました。

サラマンカ留学中は、幾つかの語学学校に通いました。どの学校がよかったか、また自分に向いていたのか、振り返ってみると、ドン・キホーテスペイン語学校で学んでいた時期が一番スペイン語が上達したのでは、と思います。ドン・キホ-テは元々評判がよく、スペイン語学校としてはもっとも有名な大手の学校だと聞いていました。実際に通ってみると、噂にたがわぬ素晴らしい学校でした。ドンキ・ホーテの教師やスタッフの方々はとても親切で、プロフェッショナルだという印象を受けました。宿泊施設の紹介など、授業外でのケアも万全で、何の心配もなく安心してスペイン語学習に集中することができました。

もしかしたら日本人の学生が多かったりして、スペイン語の勉強にはマイナスなんじゃないかと心配していましたが、実際には学校の規模が大きい為、アメリカ合衆国やヨーロッパの様々な国から、あらゆる年代の学生がスペイン語を勉強しに留学していました。学校の雰囲気も大変良く、たくさんの友達を作ることができました。

留学から帰国して一年後、今度は仕事をスペインで探そうと決心し、再びサラマンカに戻りました。友人から、とある組織がスペイン語と英語を話せる日本人を探しているとの情報をあらかじめ得ていました。すぐに面接を受けましたが、その時初めて、その仕事先がドンキ・ホーテだということを知ったのです。これはもう運命だと思いました。こうして、ドン・キホーテでコースカウンセラーとして働くことになったのです。

私が働いていた宣伝部(販促部)では、実に世界17カ国から異なる国籍の人々が働いていました。当時アジアからは私一人でした。主な仕事は、ドン・キホーテに留学を希望する方、特に日本人の方への留学カウンセリングでした。コ-スに関する様々な質問にお答えしたり、渡航手続きの情報提供やその他宿泊施設に関するアドバイス・予約などを行っていました。

国際的で若いチ-ムといっしょに働いたことは素晴らしい経験でした。皆仲良しで、仕事の後も軽く飲みに行ってタパスをつまんだりしていました。気が付いたら、ドン・キホーテで3年半の月日が過ぎていました。この時間は、外国語を学びたかった私の人生において、何にも変えがたい貴重なものとなりました。

最後になりましたが、外国語をしっかり身に付けたいなら、出来る限り毎日勉強すること、実践することが大切なのは言うまでもありません。海外に留学して現地で生活することが、その国の言語・文化を学ぶのに一番だというのが私の結論です


Keywords: work,students

Comments

No comments found.

« Next Article: Subtitles for learning languages

» Previous Article: My First Christmas in Spain